性行為は人間の営みのひとつであり、人生の楽しみのひとつですがリスクもあります。不特定多数の異性と性行為を行えば、梅毒やHIVなどの性感染症にかかることがあるからです。そんな。そういったリスクを減らすためにコンドームなどの避妊具があるのですが、快楽を重視するために避妊具を使用しないで性行為を行う男女が増えているのです。その結果身体に異変があるのに面倒がって検査にいかない人もいるのです。しかし性病というものは自然に治るものではなく治療が遅れるほど事態が深刻になり、時には生命の危機に至ることすらsるのです。そうはいっても病院へ行くのは恥ずかしい人も大勢います。そんなときに便利なのが、自宅で行える性病の検査キットなのです。自宅で受けることができる性病の検査キットは、HIV検査キットだけでなく、梅毒など性感染症全般の検査キットがあります。インターネットで購入できるので誰しも知られずに検査を受けることができるがメリットです。性感染症の検査キットはSTD検査キットの名前で知られています。性感染症と一言で言ってもその種類は多く、HIV、梅毒、淋病、クラミジアなど様々な病気がるのです。そして厄介なのは感染したからと言って、すぐに症状が現れるものばかりではないことです。手遅れになる前に早急にSTD検査薬キットで、検査することをおすすめします。そして言えるのは一般の男女の性病に対する無知から、あまりに危険な橋を渡っている傾向があることです。性病は挿入してなくても感染する場合があるのです。性行為のあとの彼氏と彼女の健康被害を可能なかぎり、減らすにはやはりSID検査薬キットを使用すろことです。SID検査は保健所でも受けることができますが時間がかかります。しかし郵送による検査キットなら、すぐに申し込むことができます。365日いつでも申し込むことができるので、緊急の場合は助かります。検査結果が出るのもはやく2日から3日もあればメール等で知らせてくれます。検査キットにはHIV単独検査キットもありますが、梅毒や淋病など総合的に検査できるキットもあります。また子宮頸がんを検査できるキットは少ないのでよく調べてから申し込むようにします。検査キットの支払いは、銀行振り込みからクレジットカードや代引きにコンビニ決済などを利用することができます。HIVの感染して症状が進んでいくと、エイズにかかる危険があります。一刻もはやく検査キットで検査することです。

検査キットで急増する梅毒の早期発見を 現在、性病の1種である梅毒がその猛威を振るっている のを知っていますか。前年度は1年間で4500人近く の感染者が報告されており、今年もそれ以上の増加が見 込まれ、5000人を超えるのは確実じゃないかと言わ れています。性感染症は性行為を元に感染するため、予 防を怠ると誰もが感染する可能性を秘めており、予防だ げでなく、早期の発見による素早い治療も重要です。梅 毒は発見できれば、しっかりと治療できます。第一は感 染しているかどうか知ることです。でも感染しているか どうか分からない、または確信が持てない性病の検査の ために病院へ行くのは、やはり二の足を踏んでしまいま す。そういう人のためにあるのが、梅毒検査も可能なH IVの自宅検査キッドです。これから述べる梅毒の知識 を知ることで、この検査キッドの重要性を理解してくれ れば、うれしく思います。 4段階で進行する梅毒の症状 梅毒には3週間ほどの潜伏期間があり、それを過ぎると 症状が現れ始めます。最初の症状は性器などの場所に、 小さなコリコリとしたしこりできるのですが、それもや がて時間と共に消えてしまいます。そして次の段階の症 状が全身に現れるのです。脱毛や倦怠感の症状の他に、 全身に円状の斑点が現れます。これはバラ疹と呼ばれ、 梅毒発見に繋がる最たるものです。3段階目になると、 皮膚の最も下にある皮下組織の部分に大きなしこりがで きます。それは筋肉や骨など、深部へと破壊しながら進 む危険なものです。現在はこの段階まで及ぶことはほと んどありませんが、この次の4段階目と共に大変危険な 状態なので、注意してください。最後の段階においては すでに、梅毒が脳や中枢神経、大きな血管など、生きる ための重要な器官に大きなダメージを与えており、その まま死亡する確率も低くはありません。 早期発見すれば、恐れることはない梅毒 先の文章を見ても分かるように、梅毒には症状がない期 間が存在します。潜伏期間や、第1から第2の症状に移 行する期間です。第1症状と第2症状では治療に費やす ための時間も大きく変わります。やはり速やかに発見す る必要があるのです。また妊娠中に梅毒に感染してしま うと、胎児に悪影響を与え、最悪の状態を迎えてしまっ たり、後遺症を残すことがあります。妊娠時に梅毒の検 査は行いますが、妊娠中の感染を見逃す場合もないわけ ではありません。そしてそのためにも自己管理が必要で す。梅毒の検査が可能なHIVの自宅検査キッドは、そ の早期発見や自己管理にとても役立ちます。性病なんて 恥ずかしいと思っている人、安全に赤ちゃんを産みたい 妊婦の方、これらの検査キッドを使用してはいかがでし ょうか。現代において梅毒は、しっかりとした治療法が 確立しています。そのためにも早期の発見こそが健康と 安全への第一歩です。

STDキットで早めの対策が可能!!?

STDという言葉自体は聞いたことが無い方も
居るかもしれませんが、クラミジアやエイズ
などいわゆる性病の総称です。

エイズなどの性病 原因や経路も複雑化している
中で、エイズ 初期のうちから見つけて対処する
ことが大切になったと言えます。

初期のうちに発見出来ることは、その後の対策
がスムーズに行くことに繋がります。

では例えばhiv 陽性などどうすれば早期に判断
することが出来るでしょうか。

そのために役立つツールは存在しますから、それ
をご紹介していきましょう。

STD検査キットで早期発見!?

スタンダードな方法では、病院でクラミジアや
淋菌 感染 症も含めて診断してもらうのが的確
な方法だと思われます。

しかしやはり、敷居が高いことは否めませんね。

実は現在ですと「STD検査キット」で、非常に
正確なものが主流になっているんですよ。

それは何故かと言うと、梅毒 感染やエイズ 感染
でもやはりデリケート(性的)な問題ですから、
人の目はどうしても気になりますよね。

ちょっと検査と思っても、料金とか時間とかも
気にして入れないかもしれないので自宅で出来る
検査キットはとても便利なのです。

色んな病気が調べられる精密な検査キット!?

検査キットはエイズなどだけで無く、肺炎や
マイコプラズマ 検査が出来たりします。

非常に本格的で精密なのですが、値段は1万円も
しない品が多いんですよ。

検査と言ってもキットで調べたものを郵送で
std 研究所に送ったりする訳ですから、結果的に
病院で調べたことと同じ精密度なんですよね。

調べ方は色々ありまして、ダイレクトに性器の
分泌液やまたは血液検査も可能ですし、オーラルな
行為も存在しますからしのど検査キットもあります。

物にもよりますがマイコプラズマ 感染症が判断
出来たりもしますから、まずやってみる価値は
あるでしょう。

パートナーを守るためにも大切!?

エイズ 感染 率の問題もありますが、まずは性行為
をすることで感染はするものと思って下さい。

性病はパートナーに感染する特徴がありますから、
それぞれが相手の事を思いやる事は大切です。

検査キットでも良いので、ちゃんとした研究 所の
検査を利用する事をおすすめします。

STDは早期発見が肝心!家庭用検査キットが便利?

ここ10年ほどで性感染症、いわゆるSTDの感染者
数は増加の一途を辿っています。

性感染症の代表にはクラミジア、梅毒、淋病
エイズなどが挙げられますがこの中でもクラミジア
の感染数は爆発的に増加していると言われています。

こういったSTDはできるだけ早めの発見が速やかな
治療効果をあげるためには大変重要です。

早期発見により、本人の治療成果があがること
だけでなく他への感染拡大を防止することが
できるので非常に意味があることです。

◆クラミジアや梅毒、淋病、エイズの初期症状とは!?

もっともよく見られるクラミジアの初期症状は、
まず1週間から3週間の潜伏期間を
経て徐々に現れてきます。

その初期症状はまずおりものの変化です。

黄色い膿のようなおりもので、粘り気があり
臭いが強いのが特徴です。

他にも下腹部痛や不快感、発熱など膀胱炎
に似た症状がでてきます。

淋病の潜伏期間は1週間から2週間程度で、初期症状
は出にくいと言われているの発見が遅れがちなのだそうです。

基本的にはおりものの変化などが見られます。

男性は尿道炎などを起こすので割合
症状が出やすいのが特徴です。

こわいSTDはHIVだけじゃないのですよ!!

梅毒は昔は死に至る性病でしたが現在は良い薬がある
ので早期治療で完治できます。

症状の出方は感染してからも人それぞれですが長期的に
進行していくのでなかなか見つけにくいということがあります。

エイズ感染者も非常に増加していますが、良い薬が
できたので一生服用することによって感染していても
発症することを抑えることができるようになりました。

潜伏期間は約半年で、初期症状は単なる風邪と間違え
やすい症状で、喉の痛みや微熱などが挙げられます。

しかしこの時に見逃すと発症へ追い込まれてしまう
可能性が高くなります。

◆性感染症は家庭用検査キットでまずチェック!

特に日頃から不特定多数の相手と性交渉を行なっている
のであれば、定期的に性感染症のチェックが必要です。

病院へ行って検査をするのが恥ずかしい、時間がない
という人にはネットで、ほぼ全ての性感染症別の検査
キットが販売されています。

これらは自宅で尿や血液などを採取して郵送するだけ
なので誰でも簡単に検査することが可能なのです。

性感染症の家庭用検査キットは、匿名で申し込みが
できるのでプライバシーはしっかり守られるので
安心です。

こうした家庭用検査キットを使って性感染症を
なるべく早めに発見して治療を行うことで他への
無用な感染拡大防止にも効果があるので定期的な
習慣にしていきたいですね。

日本のHIV患者って少なくなってない!?

なぜ日本でHIVが増加しているのか 最近よく
言われるようになったことなのですが、
先進国で日本のみでHIVが増加し続けているようです。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

エイズ動向委員会の報告によれば、新規で
HIVに感染した人及び新たにエイズ患者となった
人のデータはさほど増加しているとはいえません。

したがって、HIVが徐々に減っているということは
ないものの、増加しているとはいい得ないのです。

このような状況でありながら、なにゆえに日本では
HIVが増加傾向にあると叫ばれているのでしょうか。

梅毒がどんどん増加しているって知ってた!?

梅毒患者数の激増とHIV患者数の増加の因果関係
視点を変えて、HIVでなく、梅毒に感染している
患者数の推移を見てみると、近年で相当
増加している傾向があります。

しかも、5倍というのですから、
その増加の程度は著しいものといえます。

こうした梅毒患者数の激増が、HIVの感染者数の
推移にも消長を来すといった指摘があります。

一見すると、梅毒とHIVとでは、何ら脈絡がないと考えられがちですが、いずれはHIVの感染 者数に関しても重大な影響を及ぼすものと考え ている専門家がいるとのことです。 つまりは、相当の根拠があるというのですが、 梅毒感染者であれば、潰瘍を患っていることも あり、当該患部からHIVウイルスが感染してく るというのです。 そのリスクは、通常の健康状態の人と比較して 、5倍から数十倍にも至るというのですから、 とても看過できません。 また、男性同士で性交渉を行うことによって も、HIVの感染リスクは高まります。 アナルセックスは、HIVの感染経路とよく言 われているのですが、梅毒も同様であり、そ の感染経路が共通していることも理由の一つ です。 つまり、梅毒の急増が顕著である日本では、 いずれはHIVの感染が拡大していくことを視 野に入れて当然です。 HIVを簡単に調べることのできる検査キット を使ってみよう このことは、専門家の間で既に懸念されて います。 そのために、自己がHIVに感染しているか 否かを簡便に調べることのできるHIV検査 キットの利用者が増加しているのです。 一度この検査キットを利用すれば、面倒な 手続きのある保健所などには、二度と行け なくなってしまうほど便利です。

HIVの患者数が激増している?

一般では未だ認知されていないと考えられますが、
専門家の間では、HIVの感染者数が激増していると
主張されている人がいるようです。

現在では、梅毒と比較すれば、HIVの
感染者数はほぼ横ばいであるか、あるいは
減少傾向ともいえるのですが、HIVの場合は、
検査を受けたことのない潜在的な患者が
一定数存在するために、決してHIV感染者数が
減少しているとは断言できません。

郵送式を採用したHIV検査キットの
利用者が増加している背景には
そのような事情があるというのですね。

HIV検査キットの利用者は拡大している!?

2016年においては、HIV検査キットを
利用した数は、9万を突破しています。

2006年から2016年に至るまでの
10年間で比較してみると、HIV検査キットの
使用量は2倍を超えうるほど増加しています。

HIV患者数は、潜在的な感染者がいるために決して
明らかではないものの、HIV検査キットを導入して
検査している人が増加していることは確実なことです。

現在では、専門家の間でHIVの感染者数が
激増しているものと叫ばれているに留まる状況下に
あるのですが、このような状況に加えて 、もし
HIV患者数の激増が一般の間でも認知しうるような
段階に至れば、HIV検査キットを利用する
人が増加することは明らかです。

なぜ、HIV検査キットの利用者数が増加するのか?

HIV検査キットがなぜこのように多く
利用されるのかというと、とても便利だからです。

このHIV検査キットを一度体験してしまえば 、
保健所や病院などで面倒な手続きを
踏むような真似はしないはずです。

データ上でも、保健所で検査している人が減少傾向に
あるのに対して、郵送式のHIV検査キットを
用いている人は増加傾向にあります 。

そのために、HIV検査キットの利用者数が
増加の一途をたどることは一目瞭然です。

まだHIV検査キットを使ったことのない人であっても、
また、HIV検査キットに何ら関心のない人であっても、
HIVに感染するリスク は関心のある人と比較して
同等なのですから 、ぜひともHIVの感染予防の
ために早期に検 査しておきましょう。

HIV検査目的の輸血は厳禁

日赤では、血液製剤や輸血に用いられる血液に、何よりも
まず安全性が優先されるために 、同所で行われている
検査には、非常に厳格性が求められています。

しかりながら、日赤での検査結果は献血した
本人には伝えない運用となっています。

これに対して疑問に思う人は多いでしょうが 、
日赤からしてみれば、感染しているであろう
人の検査を目的とした献血を
防止するために伝えないのです。

HIVに感染した直後には、検査をしたとしても、
ウインドウピリオドにより、感染の発見に
至らない機関が存在するために、この間に
献血したとすれば、この血液を献血された患者が
HIVに感染してしまう危険性が生じてしまいます。

ウインドウピリオドに注意を払おう!!

このことから、検査のみでは、輸血による
HIV感染を完全に防止することは不可能です。

そのために、安全な血液を提供するために、
HIVに感染している人の輸血を
絶対に阻止しなければなりません。

したがって、HIVに感染している疑いのある
人は、輸血は絶対にやめましょう。

さらに、検査目的の献血は厳禁です。

保健所でのHIV検査の最大のデメリットとは?

そのためにも、保健所でHIV検査をする必要があるの
ですが、仕事や交通機関の関係で、保健所には
なかなか赴けなかったり、医師に顔を見られての
検査が恥ずかしかったりなどという事情があるために、
実際には、保健所で検査する人は減少傾向にあります。

しかし、HIV検査キットは、誰にも見られる
ことなく、保健所同様、匿名でHIV検査を
受けることができるのです。

しかも、その制度は、偽陽性の頻度が0.3
パーセントに留まるというのですからオススメできます。

HIV検査キットを選ぶ際のポイント

留意すべき点として、その検査キットは
国産のものを選びましょう。

なぜなら、本当はHIVに感染しており、陽性で
ありながら偽陰性の判定が出る可能性が
あるからであって、これこそがHIV検査に
関して最も裂けなければならないことだからです。

したがって、0.3パーセントの偽陽性の判定が
出るにしても、偽陰性の判定が出ない
国産品を選択するのが正解です。

HIV検査キットは、検査項目で選ぶ

HIV検査キットを選択する際に、
検査項目に照らして検討してみましょう。

しかし、HIV検査をするに際して、
なぜ、検査項目から検討するのでしょうか。

HIV検査のみが目的であれば、検査項目に
HIV検査が該当していれば、それで
事足りるものと考えるのが通常です。

確かに、それは正論ではあるのですが、
ほかの性感染症の検査項目が
あるに越したことはないのです。

その理由は以下のとおりです。

HIVとほかの性感染症の共通点とは!?

HIVの感染ルートで主たるものは、
性交渉によるものです。

HIVのみならず、ほかの性感染症も、
主として性交により感染します。

そうした経緯から、HIVに感染していることを
心配しているのであれば、ほかの性感染症にも
感染している疑いがあるといえます。

性行為をした際に、HIV感染のみが疑われ、
そのほかの性感染症の疑いは一切ないと
いうことはありえません。

どのくらい他のSTDの可能性があるのか?

どの性感染症にも、平等に
感染している疑いはあるのです。

しかも、HIVの感染力は極めて微小であり、
ほかの感染症に至っては、とても感染力が高いです。

よって、もしHIVの感染の疑いが生じたのであれば、
同時にほかの感染症に関しても、
検査することが推奨されるというわけです。

そうすることによって、ほかの感染症を
検査する費用や手間も最低限で済みます。

検査の具体的な項目を考えていますか?

しかし、どのような感染症とHIVとで、
併用すべきなのでしょうか。

HIVとの重複感染が疑われるものとして挙げられる
ものには、B型肝炎や梅毒などが存在します。

この重複感染のデータに関しては、実に様々な
データがあるのですが、いずれにも共通している
ものとして、梅毒とB型肝炎が真っ先に登場します。

したがって、HIV感染の疑いがある場合に、
HIV感染の検査を受ける際には、この2つの
性感染症と同時に検査するとよいとされています。

B型肝炎や梅毒などもあなどれない!?

この2つの性感染症は、その症状自体が深刻で
あるために、また進捗具合も早いことから、
同時検査が推奨されている次第です。

このような検査ができるもので
オススメなのはHIV検査キットです。

組み合わせが銘打ってあるので、項目に
より選択しておくと安心ですね。

自宅で誰にも知られることなく性病検査したい方必見!

下腹部周辺を清潔にしているのに、違和感、
尋常じゃないかゆみや湿疹を覚えている
方は性病の恐れがあり、要注意です。

現在、特に梅毒と呼ばれる性病が急増しており、
年間およそ5000人がかかると言われ、
5年前より5倍増えています。

梅毒の特徴の1つ目として、感染しているかどうか
医者でも判断が難しいということです。

これは症状が、しこり・腫れ・ぶつぶつなど多種に
渡り、かつ、3週間・3か月・3年の間で
それぞれ発生する症状が異なるからです。

あなたも梅毒にはなりやすいのか?

2つ目として、感染の容易さがあります。

梅毒の原因であるトレポネーマという病原体は、
皮膚や粘膜同士が接触した際、小さな傷口から侵入し、
全身に広がります。

よってセックスはもちろん、オーラルセックス、
キスでも感染するため、コンドームでは防げません。

梅毒に感染している人は同時にHIVにも重複感染
している場合が多いというデータもあります。

STDキットなら病院でなくても検査は受けられる!?

性病の疑いがあっても、検査のために病院に行くのを
恥ずかしく感じる人、万が一でも知人に
会いたくない人も多いかと思います。

そんな人にオススメなのが、自宅で
できるSTD検査キットです。

STD検査キットは、検査キットを使い、自分で
血液などを採取し、検査機関へ匿名で郵送、
結果もネットで確認できるという自宅での
検査を可能にしてくれます。

STD検査キットには検査対象とする性病や検査項目数
などによって様々な種類があり、梅毒検査だけの
キット、梅毒と他の性病検査を含むキットもあります。

また、梅毒と重複感染して場合が多いHIVについても
単独、複数検査対象のキット両方があります。

どのSTD検査を受ければよいか?

かといって、今まで性病の経験がない方は、
自分の症状がどの性病なのか・どの検査キットで
確認すればよいか判断できませんよね。

よって、初回は広範囲の性病を網羅している
複数検査キットの購入をオススメします。

性病の一般的な性病は、クラミジア、淋菌、
マイコプラズマ、ウレアプラズマ、HIV、B型肝炎、
C型肝炎、のど(クラミジア、淋菌)があります。

これら9項目を含む検査キットであれば、
あなたの症状が性病なのか・どの
性病なのか、判明することができます。

性病はあなたの健康被害はもちろん、忙しさは
恥ずかしさで病院に行かないでいると、あなたの
パートナーも傷つけてしますことになりかねません。

そうなる前に早めの自宅STD
検査をしてみてはいかがでしょうか?

自宅でこんなに簡単に性病検査!?

これは知らない人も多いと思います。

今は自宅で自分で行う性感染症の
検査キットがあるらしいです。

性感染症の検査と言えば、病院へ行くイメージでした。

初めてだと緊張しますし、知り合いに会いたくない
などから、わざわざ遠くの病院へ出向いたり。

行く手間を考えると、面倒ですし
よっぽどの症状がない限り行かない場合もあります。

そうして増え続けてしまう性病も多そうです。

だけど、自宅でできるなら、もっとみんなが進んで
検査をするようになるかもしれませんね。

手間がかからないのであれば、世の中の人の
検査への意識も変わりそうです。

日本で問題となっている性感染症の広がりを防ぐ
方法になるかもしれません。

感染の原因や経路を知っていますか?

一番感染が多いのはクラミジアです。

自覚症状がほとんどない為に、
患者数も多いのかもしれません。

また感染力も強いようですね。

避妊具も使用していても、粘膜や喉への感染も
多いので、そこも注意しないといけません。

梅毒は昔の病気のように思われがちですが
2016年の調べによると過去の5年間で感染者数は
なんと5倍にも膨れ上がっているようです。

死に至るなど昔のように重症化することは今では
少ないみたいですがHIVの感染リスクが上昇します。
油断は禁物ですね。

初めはどれも初期症状が軽かったり
リンパが腫れなど風邪と症状が似ているため
気付かれなかったり、ほとんど症状のでない
性感染症もあります。

初めてでも安心郵送型検診!?

初めにお話ししていた自宅でできる検査キット。

申し込みは簡単でネットや電話から簡単にできます。

検査キットが自宅に郵送されてきますが、家族に
知られるのが嫌な方への配慮も色々とされています。

検査結果もネットから分かるようにされていて
手軽でとても便利ですよね。

キット内容も色々ありまして、HIV・梅毒などの
基本的な検査から、淋菌、カンジダなども

徹底的に検査をしたい方へは
12項目が一度で検査できるものもあります。

自宅で病院と同じ検査が受けられるのです。

このキットは病院での検査に抵抗があったり、
気軽に検診を受けたいという方におすすめです。

定期的に検査をする意識が広まればいいですね。